洗面・美容 美肌への道 洗面台の選び方 歯磨き習慣のつけかた
お風呂 
お風呂の入り方 シャワーの浴び方
美容に関する考え方 正しい洗顔方法 歯ブラシの選び方、歯磨きの仕方
睡眠を誘う入浴法 お風呂の愉しみ方 リラックス入浴
シャワーの浴び方
シャワー
 気分転換のシャワー
 アメリカではほとんどの人が毎日1回以上はシャワーを浴びています。朝浴びる人がほとんどで、夜外出する日や、来客のある日にはその前にも浴びます。

 一日で最も頭が冴えるのは午前中だといわれています。頭が早く働き出すために効果を発揮するのがシャワーです。特に平日の朝にオススメです。

 朝起きたら、睡眠中の発汗による水分補給を補うために水をコップ一杯飲んで、熱めのシャワーを浴びましょう。そうすると、たとえ低血圧で目覚めの悪い人でも、出勤後の仕事への意欲や効率が格段に上がるはずです。

 朝ばかりでなく、昼でも夕方でも、シャキッと気分転換をはかりたいときにシャワーは絶好のアイテムです。

 
東レ 除塩素シャワー トレシャワースリム
 
三菱レイヨン 脱塩素シャワー ピュアピュア


 朝の目覚めのシャワー
 @普段の入浴よりも高めの温度が良いです41℃くらいが目安です。少々熱すぎるくらいが刺激がありサッパリします。夏は冷水を浴びるのも良いです。
 
 A湯量はたっぷりと使いましょう。勢いよく体を刺激してくれます。
 
 B立ったままの方が目覚めが良くなります。
 
 C首から肩・背中に勢いよく短時間かけます。全身にシャワーを当て、ある程度体を湯温になじませます。
 
 Dシャワーの時間は3-5分程度。長すぎるとかえってのぼせて後で眠くなります。冷水であれば20秒程度で十分です。
 
 Eうなじの少し上に目覚めるツボがあります。ここを冷水で刺激すると気分がスッキリします。また、まぶたへの刺激は、目の疲れやかすみ目をとるのに効果的です。

 
TAMANOHADA SHAMPOO
 
爽快バブシャワー ひんやりハッカの香り
 
このページのまとめ
シャキッと気分転換をはかりたいときにシャワーは絶好のアイテム。
うなじの少し上に目覚めのツボがあり、冷水で刺激すると気分がスッキリする。
脱塩素シャワー ピュアピュアの気持ち良さを体感してほしい。
TOTO ワンダービート マッサージシャワー

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー