洗面・美容 美肌への道 洗面台の選び方 歯磨き習慣のつけかた
お風呂 
お風呂の入り方 シャワーの浴び方
美容に関する考え方 正しい洗顔方法 歯ブラシの選び方、歯磨きの仕方
睡眠を誘う入浴法 お風呂の愉しみ方 リラックス入浴
歯磨き習慣のつけかた
歯磨き
 虫歯の痛みを思い出す
 今現在虫歯や歯周病を治療中の人、あるいは治療を終えたばかりの人は、きっと毎日丁寧にブラッシングをしていることだろう。しかし、これといって歯に痛みがない人はどうだろう。「のど元過ぎれば熱さ忘れる」で虫歯治療が終わって痛みが取れると、しばらくして虫歯予防の大切さを忘れてしまうだろう。

 面倒でも、いつもあの強烈な虫歯の痛みを思い出すこと。この痛みを思い出すことが虫歯や歯周病予防の第一歩だ。生涯自分の歯を健康に保つことは人間の生き甲斐の1つの食事を楽しむためにとても重要である。また、歯の健康は視力や脳の働き、ひいては老化そのものにも大きく影響する。


 
きれいな歯をつくる―大人のためのデンタル・ブック:倉治 ななえ
 
虫歯になる人、ならない人:西川 義昌、白石 拓


 フッ素入り歯磨き
 最近の歯磨き剤にはフッ素入りが多い。フッ素は歯の再石灰化に関わり、歯を虫歯に強くする働きを持つ。さらにフッ素には抗菌作用があり、細菌が糖を分解して酸性になる働きを阻害する。


 
オーラルケア:ハミガキ粉


 キシリトール
 キシリトールは砂糖と違い、虫歯菌が酸をつくるのを邪魔する働きがある。また、キシリトールの甘さはだ液の分泌を促し、しかも酸を作らないので、口の中が中性・アルカリ性に傾くため、再石灰化が進む。キシリトールガムを食べるときは一日三回の毎食後、歯磨き前に一枚噛むだけで効果がある。

 思わぬ落とし穴として、キシリトールを過信するあまり、歯磨きがおろそかになる傾向がある。ガムを噛むだけで虫歯が予防できる、虫歯が抑えられるという間違った思いこみがある。キシリトールは補助的予防法に過ぎないことを知っておこう。


 
ロッテ:キシリトールガム
 
ライオン:キシリデント
 
このページのまとめ
虫歯の痛みを思い出すことが予防の第一歩。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー