住居・引っ越し・不動産 自分に合った住まいの選び方 引越しの挨拶基本マナー
収納・インテリア・家具・寝具 
上手な収納方法 気持ちよく布団を干す方法
住居探しの哲学 収納は保存ではなく、検索が目的 家庭の情報管理システム
 
家庭の重要書類の整理 メモ用紙を添えてベッドに入る
便利な収納方法
収納は保存ではなく、検索が目的
 収納は検索が目的
 モノを「所有する」から「利用する」と考えを変えれば、収納は保存のためにあるのではなく、検索のためにあることがわかるだろう。すぐに検索ができるようにするには、モノをすぐに取り出したり、元に戻す行為を素早くできることが大切だ。検索の視点から収納を整理してみよう。


 検索の視点からの収納
 @減量及び分別化を進める。
 検索は確率論で説明できる。分母を小さくすれば分子のヒット率が高まり、所要時間を短縮することができる。 つまり、手持ちのモノの全体量を減らすと、必要なものが探しやすくなる。モノの整理の原則はモノの量を減らすことにある。

 モノの量を減らすには、収納の受け皿を敢えて小さくすればよい。一方で分別化を進めよう。500個のモノから必要なものを見つけだすよりも、それらを分類して10の整理箱を作っておけば50分の一の確率で探し出せることになる。
  
 A配列に工夫をこらして、どこに置くかを明確にしておく。
 どこに、どのように置くかというのはきわめて重要な要件である。取り出しやすさや元に戻しやすいことを重視して、工夫をこらしてみよう。

 よく使うモノは棚なら立って取れる範囲、引き出しなら手前、といった具合である。収納箱にはタイトル名、扉や引き出し前面に前面に内容名を、誰もが分かる表現で表示しておくのも良いだろう。

 家族(お子さん)にモノを持ってきてもらうのにも共通の理解があると便利だし、整理を小さな子供の時から習慣づけるのは良い勉強にもなろう。どこに置くかを明確にしておき、ルールに従って収納することが原則だ。

 収納の仕方だが、日常に使うモノは扉のない棚に入れると良い。扉があった方が見た目にはすっきりするが、利用するたびに扉を開けるのは面倒だし、何が入っているか外から分からないようでは不便だ。 

 
「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則:飯田 久恵
 
近藤典子の収納テク―決定版!:近藤 典子
 
このページのまとめ
手持ちのモノの全体量を減らせば、必要なモノの検索が楽になる。
ルミナス25mm スチールラック 4段 幅120cmタイプ LH1215-4

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー