住居・引っ越し・不動産 自分に合った住まいの選び方 引越しの挨拶基本マナー
収納・インテリア・家具・寝具 
上手な収納方法 気持ちよく布団を干す方法
住居探しの哲学 収納は保存ではなく、検索が目的 家庭の情報管理システム
 
家庭の重要書類の整理 メモ用紙を添えてベッドに入る
引越しの挨拶基本マナー
引っ越し
 引っ越し前
 引っ越す前には必ず、大家、管理人、隣人に挨拶したり、部屋をきれいにすることは当然のことです。ゴミを残していくときは、大家、管理人、隣人にお願いしなければいけません。その際は何か菓子折りを届けておくくらいの気配りが必要です。

 友人に手伝ってもらうときは食事ぐらいはごちそうするのが常識です。友人の車を使わせてもらったらガソリン代+1万円程度のお礼をすること。


 引っ越し先での挨拶 
 引っ越したら、その日か翌日には大家、管理人、隣人に挨拶にいきましょう。アパートやマンションの場合、両隣、お向かいに挨拶が必要です。部屋数の少ないアパート、マンションだったら、できれば全員に挨拶しておくこと。

 挨拶の内容は「今度、隣に引っ越してきた---です。宜しくお願いします。」という程度でOKです。

 挨拶にいくときは、名刺代わりの品物を持参します。タオル、石けん、ハンカチ、ビール券など、500円ぐらいの粗品で十分です。品物にはのし紙をかけ、自分の名前を書き記しておきます。何回か挨拶に行って留守のようだったら、品物にメッセージを入れてポストに入れておくこと。

 また、アパートやマンションの場合、ゴミ出しを軽く見てはいけません。こういう事で目を付けられると後々苦労します。


 引っ越し後
 引っ越しが済んだら、知人に転居通知状を出しましょう。引っ越ししてすぐは、片づけなどで忙しいので、一週間ぐらいして落ち着いた時点で出すのがよいでしょう。

 転居通知状は、主にプライベートな知人に出すことが多いと思います。前回の年賀状を引っ張り出して知人には漏れなく書きましょう。仲のいい人には地図入りのものを渡すと親切です。

 
ずっと「引っ越したい」あなたへ―理想の部屋に住み替える!実践テク:長谷川 高
 
引っ越しハンドブック
 
このページのまとめ
新しい人間関係がスムーズにいくように挨拶は基本。
転居連絡は自分のためと心得る。知らせないのは失礼。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー