住居・引っ越し・不動産 自分に合った住まいの選び方 引越しの挨拶基本マナー
収納・インテリア・家具・寝具 
上手な収納方法 気持ちよく布団を干す方法
住居探しの哲学 収納は保存ではなく、検索が目的 家庭の情報管理システム
 
家庭の重要書類の整理 メモ用紙を添えてベッドに入る
住まい探しの条件
住居探しの哲学
 周辺環境を知る
 周辺環境には色々な条件があります。
 騒音、悪臭、風圧、湿気、危険施設などです。日当たり、通気性、利便性、ライフスタイルや外観の好みなども合わせて総合的な判断をする必要があります。

 日当たりについては言うまでもありませんが、東側、南側が開けていること。接道が東南の角地が理想的ですが、希望通りならなくても、高層の建物が隣接してない、まわりを気にせず窓を開けられる場合にはよしとすることもあるでしょう。

 交通、通学、買い物の便など生活上の利便性は各人の立地条件の考え方によって違います。どの条件に重きを置くかをあらかじめ決めておきましょう。贅沢を言えばキリがありません。


 標準レベルを知る
 住む場所が決まったら、そこの地域の標準レベルの住居を知ることが大事です。その定番イメージを掴んだうえで希望に応じて肉付けをしていくこと。


 夢のふくらみすぎに注意
 今まで一度も料理を作ったことがないのに、突然新しい引っ越し先では大きなシステムキッチンのある住居がいいなどと考えがちです。お菓子も作ったことがないのに立派なオーブンが欲しいとも考えます。暮らしの夢と現実のバランスを考えた方が良いでしょう。


 自分のグレードを知る
 自分に合った住まいのランクを見極めることも大切です。日常生活や、家族のことを第一に考えた住居にするべきです。滅多にないものを最初から準備する必要はありません。来客用や書斎など、結果的には使わなかったり、納戸になったりするものです。


 家相・風水が気になるなら徹底的に
 家を探すときに家相や風水を気になる方は多いと思います。基本的な気になる家相では鬼門(北東)、裏鬼門(南西)に玄関や水回りを配置しないなどがあります。でも考えれば考えるほど難しくなってきて、自ら不安の種を探して歩くようなモノです。家相が気になるなら専門家に依頼する方がいいと思います。

 
住宅選びこれだけ心得帖―マンション・一戸建てを賢く取得する46の方法:長嶋 修
 
もう後悔しないぞ、部屋探し:武緒 淳
 
このページのまとめ
どの条件に重きを置くかをあらかじめ決めておく。
自分に合った住まいのランクを見極める。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー