住居・引っ越し・不動産 自分に合った住まいの選び方 引越しの挨拶基本マナー
収納・インテリア・家具・寝具 
上手な収納方法 気持ちよく布団を干す方法
住居探しの哲学 収納は保存ではなく、検索が目的 家庭の情報管理システム
 
家庭の重要書類の整理 メモ用紙を添えてベッドに入る
自分に合った住まいの選び方
住居
 今の住まいが自分に合っているのかどうかを今一度評価してみましょう。マイホームを持つのが当たり前だという人もいるでしょうし、それは考え物だ、それが夢だという人もいます。シンプルライフを実践している人の中には持ち家を売って賃貸に引っ越した人もいます。その方がかえって安くつくし、家の管理に時間をとられないし、身軽によそに移れるからです。

 借りるよりも買った方がいいという人は、月々の返済が終われば、最後には自分の資産になるという理由があります。その考えでいくと、持ち家を売れば、当然資産が手に入ります。税金からも逃れられます。

 住居をシンプルに考える方法はいろいろあります。まずは、各人または家族が自分たちの好みや要求を評価することです。以下のポイントを頭に置いて評価を進めていきましょう。


 現在の住居の生活費
 今の住まいで、水道光熱費や交際費、保険、家賃または頭金とローンの支払い、税金、駐車場代、衣服代などの生活費が年にいくらかかるかを正確に調べる。


 家の広さ
 必要以上に家が広すぎないかどうかを考えます。家の経費は広さに比例します。広ければ家具もたくさんいります。掃除も管理も大変です。照明代や冷暖房費もそれだけかかります。


 管理費・維持費
 窓、壁、床、木造部などの材質は、手入れの度合いや時間や費用に直接影響します。断熱材を使っていないかどうかも光熱費に大きく影響します。庭も広さや凝り方によってお金や手間がかかります。


 住居も1つの選択だということを知っておくべきでしょう。住んでいるうちに、期待通りの状態ではなくなったり、自分に合わなくなることもあります。夢を叶えるには大胆になることです。新しい可能性を探るだけならお金はほとんどかからないものです。家の場所や大きさやスタイルを変えることも自分の望む生活のきっかけになることもあります。


 
我が家を手に入れる前に読むQ&A80
 
主婦が考案した住みやすい家102の知恵―使い勝手のよい設計プラン実例集:竹岡 美智子
 
一生賃貸!:エイブル 
 
このページのまとめ
住居が自分に合っているのかどうかを評価してみる。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー