住居・引っ越し・不動産 自分に合った住まいの選び方 引越しの挨拶基本マナー
収納・インテリア・家具・寝具 
上手な収納方法 気持ちよく布団を干す方法
住居探しの哲学 収納は保存ではなく、検索が目的 家庭の情報管理システム
 
家庭の重要書類の整理 メモ用紙を添えてベッドに入る
上手な収納方法
収納
 収納は見付けやすさを重視
 モノを「所有する」から「利用する」という考えに変えることが大事です。収納は保存のためにあるのではなく、見つけやすくするための行為である。すぐに見つけることができるようにするには、モノをすぐに取り出したり、元に戻す行為を素早くできることが大切だ。


 下駄箱の湿気に注意
 当たり前ですが下駄箱の中を湿気たままにしないことは非常に重要です。大気が湿っているときでも通風が良ければ湿度は低下しますから、下駄箱の扉の両サイドを開けておくこと。床や壁面から離しておくことも必要です。中の靴などを全部取り出して扉を開け放ち、換気するのも効果があります。

 湿った靴をそのまま収納すると靴の湿気が下駄箱内をいっそう湿っぽくするだけでなく、靴の革が栄養源になってカビが繁殖します。靴は湿気を除いてからしまうことです。それでも湿気がひどい場合は吸湿剤(シリカゲル、塩化カルシウム剤など)を使う方法もあります。ただし、開け閉めが多いと効果は薄れます。

 
絶対!うまくいく収納―収納の悩み、解決します!
 
もう片づけで疲れない収納法―生活ミニ手帖:飯田 久恵
 
このページのまとめ
湿気解消の換気はマメに。
YAMAZEN ミニメタルシェルフ MS-46033G
シューズ・ブーツラック SBR-10

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー