住居・引っ越し・不動産 自分に合った住まいの選び方 引越しの挨拶基本マナー
収納・インテリア・家具・寝具 
上手な収納方法 気持ちよく布団を干す方法
住居探しの哲学 収納は保存ではなく、検索が目的 家庭の情報管理システム
 
家庭の重要書類の整理 メモ用紙を添えてベッドに入る
寝る前のメモ活用法
メモ用紙を添えてベッドに入る
 良いアイデアが全く浮かんでこない、行き詰まった難問に対する回答というのは、突然やってくる。リラックスしているとき、何か全く別のことを考えているとき、ベッドの中で眠っているとき・・・突如として頭の中にひらめいてくる。

 プロジェクトに全力で打ち込んでいた場合、本人が意識していない時でも、潜在的には常に心の中で離れない。他のことをしているときでも、現在抱えている問題を考えていることだろう。

 そうしていると、本当に眠りについている間にも、決定的な解決策やアイデアを発見することがある。だから、ベッド脇に置いてあるサイドテーブルには、常にメモ用紙をおいておくべきだろう。創造的なひらめきがあったら直ちにメモを取ること。そうすれば朝までぐっすりと眠りにつこう。書き残していれば、朝になってすっかりアイデアを忘れていたとしても心配ない。

 もし、ベッドの中でのひらめきが非常に程度の高いもので、そのままの勢いで完成させようと思ったら、ベッドから抜け出して作業に没頭した方がよいだろう。


 最も創造的なアイデアというものは、昼間会社での就業時間中や、会議中などではなく、全く別のことをしているときに突然沸いてくるものである。逆に言えば、昼間に過ごす時間は能率良く仕事を進めることがいかに大切であるかが分かるだろう。

 昼間の仕事が充実していれば、退社後のプライベートタイムは実に心穏やかに、リラックスして過ごすことが出来る。そうした精神的な余裕がベッドの中でひらめきを生み出す原動力にもなるだろう。

 
いい明日がくる 夜の習慣:佐藤 伝
 
夢は、紙に書くと現実になる!:ヘンリエッタ・アン・クロウザー
 
このページのまとめ
ベッドの脇には常にメモ用紙を置いておく。
オススメ手帳:レイメイ・ダ・ヴィンチ
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」
夢をかなえる メモの習慣

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー