本・雑誌・音楽・CD・MD・DVD データのデジタル化 新聞をとらない生活
 
本・雑誌の活用法 音楽CDはデータにして保存 DVD高画質録画方法 音楽CDのMP3変換方法
インターネットラジオで音楽を聴く MDをパソコンで管理、編集 ビデオテープをDVDにダビング
ポイントを見逃さない新聞の読み方 古新聞活用法 雑誌をビジネスに役立てる方法 時間もお金も生かせる精読術
仕事に生かす本の整理方法 いらなくなった本の活用法 音楽データの利用法 Ipodの使い方 ウォークマン活用法
ビジネスに役立つ雑誌・書籍の活用法
雑誌をビジネスに役立てる方法
 まだ読んでない雑誌はどんどんムダなスペースをつくっていく。雑誌にしても新聞ほどでは無いにしろ、出来るだけ早く読まないと情報は古くなってしまい、役に立たなくなるから要注意である。

 まず最初に雑誌を手にしたら、すぐに目次を開いて、ざっと目を通す。何か自分に役立ちそうな興味深い記事があるかどうかを探る。もし見つけたら、ペンでその記事が掲載されているページに丸印をつける。ポストイットを貼るのもよいだろう。その時点で破り取っても良い。何ページにも渡る記事を破った場合はホッチキスで綴じておこう。

 必要な記事を破り取った後の雑誌は捨てよう。もう必要はないからだ。破り取った必要な記事は「保存ファイル」などに入れておき、時間が出来たときにでもオフィスや自宅で読めばよい。


 自分で購入したのではなく、会社などで定期購入しているような新聞、雑誌類も多い。そういうものは破いたり、切り抜いたり出来ない。また回覧リストに従って一人ずつ読み回していくのもある。貴重な情報は瞬時に周りにも知らせなければいけない。このときは真っ先に必要な部分だけをコピーしておこう。ちなみに必要な情報でないと判断したらすぐに右から左へやり過ごそう。

 
ビジネス雑誌:売れてるランキング
 
5分で身につく! 超売れ筋ビジネス書101冊:神足 裕司
 
このページのまとめ
必要な記事を破り取った後の雑誌は捨てよう。
回覧は真っ先に必要な部分だけをコピーして、じっくり見よう。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー