本・雑誌・音楽・CD・MD・DVD データのデジタル化 新聞をとらない生活
 
本・雑誌の活用法 音楽CDはデータにして保存 DVD高画質録画方法 音楽CDのMP3変換方法
インターネットラジオで音楽を聴く MDをパソコンで管理、編集 ビデオテープをDVDにダビング
ポイントを見逃さない新聞の読み方 古新聞活用法 雑誌をビジネスに役立てる方法 時間もお金も生かせる精読術
仕事に生かす本の整理方法 いらなくなった本の活用法 音楽データの利用法 Ipodの使い方 ウォークマン活用法
本の整理方法
仕事に生かす本の整理方法
 新聞や書籍に比べると、書籍はニュース性では劣るが、雑然とした情報群を体系的に整理できるメリットは大きいものがある。読み終わった書籍は棚に飾っておくのではなく、「単位情報の集合体」と見なして大いに活用し、ライフサイクル管理もしっかりと行いたい。
 
 手持ちの書籍は、いたる所に配置し(書籍コーナー、職場の机、枕元、テレビの上、マイカーの中、カバンの中など)、違った種類の書籍を3冊程度。


 書籍購入前の行動
 仕事や、生活に活用する書籍を購入するにあたっては、次のことを実行したい。まず書籍情報を日常的に収集する習慣をつけておくのも大事だろう。

 @一週間に一回くらいは書店に立ち寄ろう
新刊本を眺めながら、自分の生活に関わりのあるものをチェックしていこう。

 A新聞の書籍広告や雑誌の書評欄に目を通す
役立ちそうなものにはマーカーで印をつけて、その部分を破り取るか、切り抜き、クリアファイルに入れておく。
 
 B職場などで話題の本に関する会話を参考にする
話題になる本というものは、人の琴線に触れる何かが有るわけだから、参考にしてチェックしておきたい。

 CAmazon.comの
カスタマーレビューを参考にする
複数人のレビューと評価は要点をキャッチできる、おおいに活用させてもらおう。
 
 このようにして、仕事に役立ちそうな本の情報を仕入れておく。特に気になったものについては書店で探して再度内容を確認するのもよし、ブックオフやAmazonで購入してしまうのも手だろう。


 本の活用・整理のポイント
 以下に仕事に役立てる本の活用・整理のポイントを記しておく。

 @本棚には同じ内容のものはまとめて配置する。書棚の分類整理を行っておく。

 Aポストイットやしおりなどを駆使し必要な部分を短期間で探せる状態にしておく。

 B年に一度は手持ちの書籍の大掃除を行う。
保存の必要のないものは古本屋やネットで売ってしまう。
書棚を整理しながら確認すると、改めて役に立つ本が見つかる場合もある。
 
このページのまとめ
書籍は棚のお飾りではない。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー