本・雑誌・音楽・CD・MD・DVD データのデジタル化 新聞をとらない生活
 
本・雑誌の活用法 音楽CDはデータにして保存 DVD高画質録画方法 音楽CDのMP3変換方法
インターネットラジオで音楽を聴く MDをパソコンで管理、編集 ビデオテープをDVDにダビング
ポイントを見逃さない新聞の読み方 古新聞活用法 雑誌をビジネスに役立てる方法 時間もお金も生かせる精読術
仕事に生かす本の整理方法 いらなくなった本の活用法 音楽データの利用法 Ipodの使い方 ウォークマン活用法
新聞の読み方
ポイントを見逃さない新聞の読み方
 文字情報から必要なメッセージを素早く読みとるにはどうしたら良いか。私たちは新聞やTV・ネットを見る上で膨大な情報を受け取る。丁寧に見ていたのではいくら時間があってもムダである。まず、全ての情報が「情報」でないことに気づいて欲しい。これが大原則だ。

 私たちに必要なのは、眼球をスピーディに文字に這わせる能力ではなく、メッセージの内容を素早く把握して、本当に必要な情報をキャッチする方法であろう。


 自分のキーワードを持つ
 最も良い方法は、自分のキーワードを持つことである。自分のキーワードをしっかり持つことにより、本当に必要な情報とただの雑音を区別できるようになる。以下にコツを3つ書いておく。

@見だし、文中からキーワードを拾う。
A複数の文章の固まりの始めか終わりに重要部分が存在することが多い。そこを狙って読む。
B写真、図表、イラストを狙って見る。
  
 こうして記事の必要度を確認したのち、内容に目を通せば短時間でポイントを処理できる。

 
 新聞の読み方の基本
 新聞の読み方の基本以下に記しておく。
ちなみに新聞は最初に大きく広げてずらっと読むと大体の中身をつかむことができる。

 @欲張らない
1ページから1つの情報、1つの新聞から1つの情報を得られれば上等である。

 A読まずに見る
見出しだけを追ってみれば、ニュースの雰囲気はつかめる。記事の前半と後半部分を読めばニュアンスは掴める。

 B最終ページから読んでみる
逆から読むと、他の人があまり知らないような情報、発想の転換に役立つ情報などを見つけやすい。


 必要だなと思った記事は遠慮せず切り取っておきクリアファイルにまとめておく。たまに見直して、不必要だなと感じたら廃棄していく。時間が有るときにでもカテゴリーごとにファイリングしておけば良いだろう。
 
このページのまとめ
自分のキーワードを設定してから、メッセージを読みとる。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー