電化製品 家電製品の買い方のコツ 単機能で性能が良い物を選ぶ
洗濯乾燥機の選び方 エアコンの省エネ使用方法 学習機能リモコン活用法 プレイステーションでブルーレイ
電化製品の上手な選び方 電気代節約の秘訣 家電製品こんな使い方
いらなくなった家電製品 リモコンがこんなに便利になる プレイステーションの機能を使いこなす
エアコンの省エネ使用方法
空調・暖房器具
 全体空調と、部分空調を組み合わす
 1つで全てを済ませるのではなく、いくつかの空調器具を組み合わせて利用するのが快適に過ごすコツです。

 エアコンやファンヒーターのように部屋全体を暖める暖房器具は、足下を暖めるのはあまり得意ではない。エアコンで足下まで暖めようとしても思うようには暖まらない。そこで部屋全体を暖めるエアコンと、足下やおしりの下を暖めるホットカーペットなどを併用することが望ましい。

 夏であれば、エアコン設定温度を少し高めにし、扇風機を併用すると風がながれて涼しく感じる。

 
ホットカーペット
 
リビング扇風機


 
頭寒足熱を実践する
 
人間が快適だと感じるのは、「頭寒足熱」が良い。文字通り、「頭は冷やし、足下を暖める」という意味。

 暖房内で長時間過ごすとなると、頭の周りがあまりに暑くては健康に良くない。頭の周囲の温度は高すぎず、足下が暖かい状態で過ごすことがベスト。

 冬であれば低い温度設定でエアコンで部屋全体を暖めながら、ホットカーペット、膝掛け・電気毛布などで足下を暖める。これがよい。

 夏であれば頭よりも上方に冷気が行くようにしよう。また、熱さまシート一枚おでこに貼るのと冷水で絞ったタオルを首の裏に当てるだけでも涼をとれる。

 
ひざ掛け・電気毛布
 
熱さまシート


 
ピンポイント空調
 
部屋によってはあえて部屋全体の空調をかけないのも1つの選択肢。冬場の勉強部屋は、部屋全体が暖まってしまうと眠気が増す。机の下だけを暖めるデスクヒーター、足温器などピンポイント暖房で、風邪をひかない工夫をしながら緊張感をもって勉強する体制を作るといい。

 夏であれば冷風機などの体に優しく冷風を注いでくれる器具を活用したい。扇風機で十分なときは扇風機だけで良いだろう。どちらも健康に良い。


 
電気足温器 / フットヒーター
 
冷風機
 
このページのまとめ
全体空調と、部分空調の組み合わせが最良。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー