バイリンガル子育てガイド

幼児英語教育の必要性
幼児英語教育の必要性 □英語に興味をどうやってもたせるか □親子で楽しく英語を学ぼう オススメ TOP シンプルライフハック
自然に慣れていく環境作り □楽しく自然に英語を身につけるディズニー英語 □英語は耳で習うもの □子ども英会話教室を上手に使う
親が幼児英語教育の必要性を認識する
 まず、私たち自身が幼児英語教育の必要性を認識することが第一です。0-3歳までの子供に対して「伸び伸びと好きにさせたい」「まだ早いから」「強要みたいでイヤだ」なんていう考えを起こすのは親心というもの。でもよく考えてください。あなたはそうやって育てられたから英語が話せないのではないですか?子供も自分と同じように英語を話せなくていいのですか?

 「子供が自分から学びたいと言ってきたら学ばせる」などという親がいますが、時、既に遅しです。まず親が扉を開いてあげて、導いてあげるのが本当の親心ではないでしょうか。子供自身が気が付いたら英語を話せるようになっていたというのはお互いにとって素敵なことではないでしょうか。

 野球のイチロー選手も父親と小さい頃からバッティングセンターに通っています。柔道の井上康生選手も小さいときから畳の上に立っています。周りの声は気にすることはありません。子供に嫌われたっていいじゃないですか。大きくなったらきっと感謝されるはずです。「ママありがとう」って。


英語は事実上の世界の共通言語
 科学や芸術、経済の世界で、知識や情報の共有化に英語は大きな役割を果たしています。人生の岐路になる、大学入試・就職試験に関しても、英語の比重は高まってきています。

 「言語の侵略」だと恐れる古い考えのお方もいらっしゃるかも知れません。しかし国際交流のための最も効果的な言語ツールの「英語」を通して、文化や情報を手に入れて、自らも発信していくことが望ましい時代に既になっている事を認識すべきでしょう。
□親の心構えを勉強しましょう!!
Hello, Mommy! 0-6歳から始める超右脳英語学習法
 →
子どもたちが英語を獲得していくメカニズムを知る
 多くのバイリンガルを輩出してきた、七田式右脳英語学習法を親子で体験できる本です。
 一番のお勧めな理由は子どもたちが英語を獲得していくメカニズムが理解できるということです。著者七田さんの40年近くにわたる経験と実績に基づき得られたノウハウが惜しげもなくしっかりと集約されています。

 子どもの英語教材としての利用はもちろん、楽しく親子で英語のコミュニケーションが取れるような中身になっています。英語に困らない基礎を作る為に、幼児期に何をすべきか、図解入りでやさしく解説しています。
七田式子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」幼児期に子どもを取り巻く環境の重要性を知る
 英語教育とは少し離れますが、幼児期の子育てに関する考え方をもっと認識する上でこの本をお薦めしたいです。英才教育を子どもに行いたいと親が思っても必ず周りの誰かが足を引っ張ります。決意を腹に据えるために私も熟読しました。

 0歳から6歳までの時期に受け取った刺激は、子どもの心や脳、感性や知性、性格を形づくります。つまり、幼児期に子どもを取り巻く環境こそが、一生の基礎を形成しているのです。この真実を受け止めること、今行うべき事を実践することが大事です。周りに流されてはいけません。周りの人は「子どもがかわいそう」と言うだけで、将来英語が出来ない息子・娘の責任を取るわけではありません。少々キツい言い方ですが、全く無責任な存在なのです。
ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー