人間関係・人付き合い 人間関係の作り方 年賀状の書き方 冠婚葬祭の基本マナー
人付き合いのスタンス 人間関係はこれだけやれば良い 人間関係修復のヒント
人間関係を良くする方法
人間関係はこれだけやれば良い
 あいさつ
 あまりにも当たり前なのですが、これだけで信頼と好感を掴んでしまいます。逆を言えば、これができないと不利な立場から物事を始めなければなりません。
 ・相手の顔を見て挨拶をする。相手が男ならネクタイの辺りを見ること。それだけで十分謙虚にみえます。
 ・挨拶と同時に笑顔を忘れないこと。相手が無表情で仏頂面な顔をしても同調しないこと。笑顔が最大の武器です。


 地域との関わり
 私たちは自分一人で生きている分けではありません。家族や友人、もっと大きな社会の一員でもあります。それぞれの生活は社会によって形作られ、それぞれが国や地方行政機関、会社の組合、各種のサークル、文化行事、慈善団体や地域計画といった社会との関わりを求められます。

 片手間にはできない仕事もあります。大半はボランティア的な仕事です。町内会やPTA、公立図書館、消防団といった地元の組織は決まった人々が手を貸して地域社会の歯車を回しています。

 全国または国際的なレベルでは、平和部隊や赤十字、色々な奉仕組織が、世界をより良くするためにボランティアの人々の時間や技術や思いやりを求めています。

 どういうレベルで社会と関わっているか・・・有給かどうか、義務かボランティアか、世界、国、地域の組織か・・・は別にして、こうした仕事はとても必要とされています。社会の関わる仕事で大きな満足を得ている人もいます。

 なのに、それが重荷になることもあります。働き過ぎやイライラの種にもなります。地域活動やサークル、生徒会などに多くの時間と労力を捧げてきた人なら、そのからくりが分かるでしょう。

 フタを開けてみれば、仕事の90%以上のことを参加者の10%(多く見積もって)がやっています。だから、恨みがましくなったり、燃え尽きたりするのです。せっかく立派な仕事をしながら「ただ働きだ」「骨折り損だ」「あの人は何もしない」などと愚痴も出てきます。挙げ句には尽くそうという気持ちすらなくなります。


 実際には社会・地域と関わるレベルを決めるのは本人です。これほど自由に決められる仕事はほかにありません。まず、どのくらいの分量をやるか、義務感、または度量以上のことをどこまでやるかは本人の気持ち次第です。

 無理のない地域活動・人付き合いをやるための簡単で健全な原則をきちんと守れば、喜んでやれるはずです。


 1つの仕事をきちんとやる
 有能な人は、他の人よりもできるので、つい何でもやりたくなります。エネルギッシュな人は、誰もやる人がいないと困るので、真っ先にやろうとします。どちらの場合も社会生活の大切な要素が失われています。

 ひと握りの有能な人が何にでも手を出すと、臆病で才能も経験も足りない人は成長できず、社会のためになる機会を持てなくなります。また、増える一方の仕事を「はい、はい」と引き受けていたらパンクするのは当たり前です。

 仕事は1つだけに限るようにしましょう。自分が打ち込めるものを見付けてください。それでも社会や組織に尽くせます。その方がもっと楽しめるし、他の人も参加しやすいでしょう。

 仕事をする際には期限を決めておくべきです。続けてやるかどうか、自由に決められることも大事です。期限が切れる前に今の仕事を続けたいかどうか考えればいいのです。


 休みを必ずとる
 地域社会やサークルなどに熱心に関わろうとするなら、むしろ定期的に休むことです。一歩下がって、自分以外の代わりは他にもいるということを自分自身が知ることが必要です。応援する気持ちがあればいいのです。きっちりと休みをとりましょう。


 最良の関係を自分から示す
 自分や自分の価値を知り、それを尊重するようになれば、最良の関係をこちらから示すことができます。相手も余計な義務感や期待を持たないで付き合ってくれます。どうしても自分の生活と合わない人がいることも分かってくるでしょう。ドロ沼にはまる前に受け入れ過ぎないことが大事です。そのうちに、いい関係を伸ばし、困った関係を直すのに役立つ新しい習慣を持てるようになります。

 
挨拶の数だけ、幸せになれる。―運が開ける100の挨拶:中谷 彰宏
 「できる人」の話し方&人間関係の作り方~なぜか、「好印象を与える人」の技術と習慣~:箱田 忠昭
 
このページのまとめ
地域社会との関わり、人付き合いを重荷にしない。
自分から相手との最良の関係を示していく。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー