人間関係・人付き合い 人間関係の作り方 年賀状の書き方 冠婚葬祭の基本マナー
人付き合いのスタンス 人間関係はこれだけやれば良い 人間関係修復のヒント
冠婚葬祭の基本マナー
冠婚葬祭
 結婚のお祝い
 お祝いの金額は先方との付き合いの関係から自ずと節度が生まれます。例えば職場の同僚であればその職場の習慣としてだいたいの金額が決まっているものです。初めての場合は、同僚や先輩に相談するのがよいでしょう。特別、親しいときは、その金額を参考にしながら、多めの祝い金を包むようにします。

 披露宴に招かれた場合のご祝儀は、友人の場合は2-3万円が相場。偶数は縁起が悪いとされていましたが、今はあまり気にしなくても良いでしょう。ただし4万円は避けた方が無難です。
 
 夫婦で出席する場合は5万円が一般的です。会社の部下なら3万円、兄弟・姉妹なら5万円、10万円が多いようです。


 出産・新築・入学・長寿
 出産、新築、入学、長寿などのお祝い事は1万円程度で良いです。出産祝いや新築祝いはあらかじめ本人の希望を聞いておいて、友人と一緒に贈り物を渡すことも喜ばれるでしょう。


 香典
 香典は故人との付き合い程度で違ってきますが、悲しみの気持ちが大きいからといって、あまりに高額を包むのはかえって失礼になります。一般的には親戚1万円、友人5000円、会社の同僚やその家族3000円というところです。


 レタックス
 結婚式の祝電を考えているなら郵便局の「レタックス」がオススメ。レタックスはファックスを利用したスピード郵便で、午後3時までに郵便局に持ち込めば、当日中に相手に届きます。

 おすすめの理由は手書きの文字が送れることと格安なこと。イラストもOKなので手作り感と思いが相手に届きます。
 
 ちなみに
レタックスは弔慰用にも使えます。

 
冠婚葬祭マナー事典
 
マナー以前の社会人常識:岩下 宣子
 
このページのまとめ
仲の良い人、一生付き合いがある人の冠婚葬祭の費用はケチらない。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー