人間関係・人付き合い 人間関係の作り方 年賀状の書き方 冠婚葬祭の基本マナー
人付き合いのスタンス 人間関係はこれだけやれば良い 人間関係修復のヒント
人間関係・人付き合い
人付き合いのスタンス
 友情や恋愛、は豊かな人生の贈り物ともいえるものかもしれませんが、かえって重荷にもなることがあります。ときにお互いの思いやりが「過剰な思いやり」に変わるからです。喜びと楽しみよりもストレスと心痛を感じるとすれば、苦痛でしかありません。健全な好意に変えて思いやりの一番いい部分に気持ちを向けられるように変えていきましょう。

 思いの限度をわきまえる
 私たちは誰とでも友達になれるわけではありません。友情は、その相手に時間と心を注ごうとする決意の表れですが、人の時間と心には限度があります。

 次のことを頭に入れておきましょう。

 
はじめは慎重に。新しい友情の成熟度がどの程度のものか考えてみること。

 
一緒に過ごしている時間の質はどうか。時間をつぶしているだけではないか。

 
一緒にいる時間をフルに利用できる方法を考える。もっと間を空けて合うようにできるのなら間を空ける。

 
決まった日に会うのをやめる。一緒にいる時間を自由に決められるようにする。

 
時間がないときは正直に言う。

 お付き合いを複雑にしないこと。これが思いの限度をわきまえるためのスタンスです。

 
なぜ、あの人は“人付き合い”が上手いのか―「人間関係」でもう悩まない心理学:和田 秀樹
 
人間関係に奇跡を起こす83の方法―やり方ひとつで天国・地獄:石原 加受子
 
このページのまとめ
限度をわきまえる。付き合いを複雑にしない。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー