人間関係・人付き合い 人間関係の作り方 年賀状の書き方 冠婚葬祭の基本マナー
人付き合いのスタンス 人間関係はこれだけやれば良い 人間関係修復のヒント
人間関係の作り方
人付き合い
 人間関係で人生は変わる
 人との結びつき、それで胸が一杯になったり、押しつぶされたりします。人生で何をするか、どう生きるかも人間関係で決まることもあります。
 素晴らしい人生、意味のある人生の多くは、人と人との結びつきから生まれています。

 最良の関係は人と人を繋げる輪になり、孤独から救ってくれます。でも、人との結びつきを求める気持ちが、生活を色々と複雑にしている原因にもなっています。
  
 人間関係は複雑なだけに価値があるといえます。また、人間関係が簡単になれば、いっそう素晴らしいものになると私は思っています。
 

 今の人間関係の状態を知る
 まず、自分の人間関係の自己評価を始めてみましょう。今の状態(どういう人間関係になりやすいか、今どんな人とどんな関係にあるか・・・)広い意味、具体的な意味でも気付いたことを書いてみてください。気付くことが第一です。
  
 人との関わり方には2つの大切な要素があります。
 @スタイル A満足度 の2つです。

 スタイルは自分自身の個性の元になります。内向的か外向的か、行動的か思索的か、広く浅い付き合いが得意か、深く狭い付き合いが得意か、などがそうです。

 満足度は、今の関係の質の高さや健全性、真実味を測るものです。

 この2つから人間関係の評価をしてみると、どんな状態が自分にとって良いのか、どんな変化が自分にとって一番良いものか、今までよりもずっと分かるはずです。


 自分の人間関係の個性を知る
 自分独特の性質や個性に気付き始めると、人にもそれがあるのが気付き、評価や、違いを認めることができるようになります。ともにいい人生が送れるような過ごし方も工夫できるようになるでしょう。

 Q1:人との関わり方のスタイルは?内向的or外向的?
 Q2:人と一緒にいる必要を感じるか?一緒にいる時間は何時間で欲求が満たされるか?
 Q3:今までで一番健康的・幸せだと感じたのはどんな人間関係か?
 Q4:今までの人間関係で成長を感じたのは?

 Q5:今までの人間関係で喜びを感じなかったのは?

 上記の答えを導き出したとき、過去の人との関わり方の個性が分かります。

 数年前は上手くいっていたのに、今はふさわしくない関係もあるでしょう。一生の間には色々とためになる人間関係が持てるようになったり、大人になるにつれて何が大事かという理解も複雑になってきてしまいます。他人に対してとった行動や態度がどんな影響を与えたか分かるようになります。


 どの部分をシンプルにしていくか
 人生の様々な局面・・経験や環境、教育、宗教、それに自分の意志が個性に大きく影響します。自分に必要なものや回りの状況、周りの人もそのときどきで変わってきます。誰とどんな関係を持つようになったか、このプロセスは人の成長・人生と一緒です。

 まずは、今の状態、個性から、自分の人間関係の最終形を思い描きます。望ましい最終形になるために自分にとってムダだなと思った人間関係を簡素化し、深く付き合いたい人との時間を増やしていきましょう。簡素化と書きましたが、無視はいけません。深く嵌らない程度のお付き合いをするという意味です。バランスを考えて行動に移していきましょう。理想型に近づけば近づくほど自分の立ち位置がさらに分かってくるものです。


 
なぜか好かれる人の考え方:豊田 圭一
 
あなたの隣にいる15人の「問題の多い」人たち―“人間関係”をシンプルにする心理学:レイ パロット
 
このページのまとめ
人生は人間関係1つで大きく変わってくる。
人間関係のプロセスは人の成長・人生と一緒。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー