衣服・ファッション・身嗜み 女性のシンプルワードローブ 男の着こなし術 冠婚葬祭の服装
衣類・アクセサリー着用計画 スタイルやブランドを明確にする コーディネートのアイデア
男の着こなし術
男性ワードローブ
 ワードローブの色々
 私の親友のワードローブを紹介しよう。彼はワイシャツ、普段着、下着、それぞれ3組ずつしか持たない。 (1)今着ている(2)次回着る(3)洗濯待ち。日常使いの服は1シーズン3組ずつ持つ。そのシーズンで着倒す。シーズンが終わったら捨てる。靴下は全く同じものを5足、トランクスは5枚と決めて、使用期限を1年にして、毎年ある時期に靴下とトランクス全取り替え。よれよれまで使うこともないし、数が少ないから洗濯もまめにするし靴下も片方なくて探すこともない。

 極端でシンプルこの上ないワードローブであるが、清潔感は彼が一番であった様に思う。

 
スマートな男を印象づける技術:西川 淑子
 
紳士の服装(ワードローブ):林 勝太郎


 オシャレは服そのものよりも着こなし方
 まず最初の基本部分だが素材を先に考えるべきである。安い服でビシッと決めるのは避けるべきだ。許される範囲で最高の服と身嗜みで揃えること。

 どんな場所に自分が出向き、どんな人に合わなければならないかで身嗜みを考える。どこに出向くかという発想は、出向く場所により、着る服を選ぶようになる。正しい装いは出掛ける前に慎重な吟味がなされる。

 
大人の男のスーツ図鑑:スーツ向上委員会
 
男の「外見(ヴィジュアル)」コーチング:三好 凛佳


 トータルなバランスとスタイルの確立
 トータルバランスと自分のスタイルのこだわりを持っていれば、今後着ることのない服を誤って色々と買ってしまうこともない。ネクタイ、シャツ、スーツ、靴、何でもそうだ。すべて自分のスタイルにこだわりながら、全体的なバランスを作り上げていく。欲しいモノが目に入ったらサッと迷うことなく購入できる。服装は自分そのものであり、生き方を表しているといっても過言ではない。

 
男の服装術―「選ぶ」「着る」「履く」「結ぶ」の基本教えます。:落合 正勝
 
服部晋の「洋服の話」:服部 晋
 
このページのまとめ
オシャレは服そのものよりも着こなし方。
トータルなバランスとスタイルの確立をし、明確なポリシーを持つ。

ルミナス25mm スチールラック ワードローブ

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー