サラリーマンの家賃収入ガイド
物件購入までの流れ
不動産投資と株との違い □メリット&デメリット □物件購入までの流れ SLHHome TOP
物件情報収集のコツ □新築物件or中古物件 □土地勘がある場所を選ぶ
実際に物件を購入するまでの流れ
 まずはインターネットに出ている物件情報をできるだけ多く見て、どんな投資用物件があるのかイメージをつかんでください。

 物件を見るのに慣れてきたら、気になる物件の取扱会社に積極的に問合せをしてみましょう。

 問い合わせをすることで物件についてより細かな情報がもらえるだけでなく、不動産会社に投資の相談をしたり、新しい物件情報をもらうことができます。

 購入する物件が絞れてきたら、実際に現地を確認します。

 購入する物件が決まったら、収支計画を組んだり、ローンなど資金調達の準備をして、準備が整い次第、最終的な契約をすることとなります。

 収支計画以降の購入準備については、積極的に不動産会社にアドバイスを求めるようにしましょう。

自分が信用される顧客になる
 
優良な物件情報を収集するためには、優良な物件情報を提供してくれ、且つ信用のおけるパートナーが必要となります。

 加えて紹介される自分自身も、信頼のおける優良な買主となることが重要です。

 不動産会社も、いわば商売ですので優先的に優良な買主に情報を提供します。

 いいかえれば、優良な物件情報を提供する先にも、おのずと優先順位がついているのです。

 漠然と不動産投資に興味をもっており「いい物件があったら、儲かりそうな物件があったら買いたい」などという、いわば冷やかし半分の顧客には、なかなか優良な情報を提供してくれません。

 不動産会社からみた優良な買主とは、不動産投資(購入)実績がある人、資金や、担保の裏づけのある人などです。

 また予算やタイプ、エリアなど不動産投資に対して明確な方針をもっており、物件の紹介を受けたら、きちんと購入の可否について明確な返事をしてくれる人も優良な顧客といえるでしょう。

 「この人は条件さえ合致すれば買ってくれそうだな、きちんと検討してくれそうだな」と物件の紹介者に思われなければ、なかなか優良な物件情報は入手できません。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー