サラリーマンの家賃収入ガイド
家賃収入で将来の不安をなくそう
不動産投資と株との違い □メリット&デメリット □物件購入までの流れ SLHHome TOP
物件情報収集のコツ □新築物件or中古物件 □土地勘がある場所を選ぶ
はじめよう不動産投資
 不動産投資とは、利益を得る目的で不動産に資金を投下することを言います。

 具体的には、購入した不動産を人に貸すことで得られる賃料収入という利益(インカムゲイン)と、その不動産を購入した金額以上の金額で売却することで得られる利益(キャピタルゲイン)という、2つの利益に期待して投資を行なうのが不動産投資です。

 1980年代後半のバブル期に流行した不動産投資は売却利益(キャピタルゲイン)に期待する短期的な視点の不動産投資が主流でしたが、近年主流になっているのは、毎月安定して入ってくる賃料収入(インカムゲイン)に期待し、長期的な視点から行なわれる不動産投資です。

不動産投資が注目されている理由
 不動産投資は、低金利と年金不安を背景に、新たな資金運用先として注目されています。

 預貯金にほとんど利子が付かない低金利が続く中、株式投資・投資信託・FXなどで積極的な資産運用を行なう人が増えており、不動産投資もミドルリスク・ミドルリターンな資産運用先の一つとして人気を集めています。

 また、空室がない限り毎月安定的な収入を得ることができる不動産投資は、将来的な年金不安を補う「自分年金」に適しているとされ、退職金の運用先としても注目を浴びています。

 このように不動産投資が一般化する中、不動産投資には購入する不動産(物件)を担保に資金調達できるという特徴があり、必ずしもまとまった自己資金を必要としないため、会社員を続けながら不動産投資を始める「サラリーマン大家さん」も増えています。

HPについての注意事項
・書かれている内容に関しては万全を期していますが、最新の情報は確認頂けますようお願い致します。
Since 2001.04.01 LastUpdate 2014.02.16
シンプルライフハック
ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー