サラリーマンの家賃収入ガイド
物件情報収集のコツ
不動産投資と株との違い □メリット&デメリット □物件購入までの流れ SLHHome TOP
物件情報収集のコツ □新築物件or中古物件 □土地勘がある場所を選ぶ
信頼のおける情報提供パートナー(不動産会社)を見つける
 優良な物件情報を手に入れるためには、物件検索サイトや情報誌を見るだけでなく、優良な物件情報を紹介してくれ、かつ信用のおけるパートナー(不動産会社)が必要となります。

 そのためには、自分自身が「信頼のおける優良な買主」になることが大切です。

 不動産会社は、漠然と不動産投資に興味をもっており「いい物件があったら、儲かりそうな物件があったら買いたい」という顧客には、なかなか優良な情報を提供してくれません。

 予算やタイプ、エリアなどの明確な希望を伝え、 「この人は条件さえ合致すれば買ってくれそうだな」と不動産会社に思ってもらえれば、優良な物件情報を手に入れるチャンスが広がります。

 そのためにも、まずはインターネットの情報などから、自身の希望条件や投資スタンスを固めるようにしましょう。

人脈形成の重要性
 
不動産の物件情報は、独自の経路によって流通しています。

 優良物件情報を入手するためには、いかに物件の情報元や、物件情報に近い位置にいる不動産会社を発掘するのかが重要となります。

 反対に、多くの情報流通経路を経て入手した情報は、その情報流通過程において購入希望者が未だ現れていない物件情報と判断することもできるので、不動産投資において優良といえる物件であるかどうかは、判断が難しいと言えるでしょう。

 では物件の情報元、または情報に近い不動産会社(優良な情報を提供してくれる会社)はどのように探せばよいのでしょうか。

 ホームページや業界紙をみたり、実際に訪問してみたり、人から紹介してもらったりと、方法は様々ですが、自分で探すのはなかなか容易ではありません。

 不動産においてもIT化が進み、流通のインフラが整備されてきておりますが、残念ながら不動産の物件情報は、その情報流通の特性と手数料などのインセンティブの関係から、優良な情報であればあるほど、なかなか一般には流通しないという特性を持っています。

 また不動産情報(特に投資物件などの事業用不動産情報)は、まだまだ属人的に流通するという性格が大きいため、やはり第一に不動産業界に身を置く人、または不動産業界に精通した人との人脈を形成し、そこを通じて不動産業界の情報を引き出す事が有効な情報収集方法となるでしょう。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー