自動車・自転車 自動車経費節約術 自転車の選び方
出張中の仕事術、充実のプラン 移動時間の活用法 海外旅行の知恵 こんな自転車を使ってみたら
自転車の選び方
自転車
 自転車選びの基本
 自転車選びの基本中の基本は、大きさ、重さ、タイヤサイズ(直径と幅)の3つ。

 大きさは、またがってみて違和感なく乗れること。簡単なようだけど乗り心地は実際に乗ってみないと分からないもの。店員さんにアドバイスをもらう事も重要です。

 重さは、より軽いものの方がいい。軽いとスタートダッシュも速いし、ブレーキの効きもいい。走っている最中でもペダルが軽いのだ。結果として軽い自転車は疲れにくくなる。

 タイヤは直径が大きいほど、細いほどスピードが増す。つまりペダルが軽くなる。タイヤ幅は細すぎると滑りやすくなり、パンク破損のトラブルが増えるのでバランスを見て。

 
大人のための自転車入門:丹羽 隆志、中村 博司
 自転車トラブル解決ブック (Outdoor):丹羽 隆志


 選び方の一番は自分の好み
 服やバッグなどと一緒で、色々な使い勝手を知ったとしても、本人が心底素敵と思った自転車が一番最高なのが本当のことろ。自分が気に入って馴染んで、長く使ってあげることが、自分にとっても自転車にとっても幸せなこと。自分でピンときたのを最後には選びましょう。  


 クロスバイク(クロスオーバーバイク)
 自分が乗っているのはクロスバイクというタイプの自転車。MTB(バイシクルモトクロス)、ロードバイク、ママチャリのいい部分を組み合わせたタイプ。軽い前傾姿勢で、気軽にどこでも行ける外観、疲れにくいし、スピードも出る。

 値段も新品で数万円程度でリーズナブル。自分のは5万円したが、十分満足できている。ママチャリとは違ったかっこよさ、あまりハードな自転車はどうも・・という人にはピッタリだろう。

 
自転車通勤で行こう:疋田 智
 
快適自転車ライフ:疋田 智
 
このページのまとめ
自分にピッタリの自転車を選ぶ。最後は自分の心地よさで選ぶこと。
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 20インチアルミフレーム折り畳み自転車
Raychell(レイチェル 26インチ 6スピード フォールディング CITY BIKE ML-266R

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー