掃除・洗濯・ゴミ 楽に掃除をする方法 上手に洗濯する方法 ゴミ出し方法 生ゴミ処理方法
掃除の方法 洗濯の仕方 あふれるモノの整理の仕方 不要物の有効活用
捨てるシンプルライフ
あふれるモノの整理の仕方
 「これでよし」と思うまでモノを減らす
 今の世の中ほどモノに囲まれているという、熱に浮かれた時代はないかもしれません。多くを消費し、多く欲しがります。この多くのものは全部どこかに置かなくてはなりません。モノであふれた家はぱんぱんにふくらんでいます。そういう環境では、家事もどうしていいか分からないほど多くなります。

 シンプルな家には自分の必要なモノと自分の好きなモノしかありません。掃除も手入れもすぐにできます。休息、元気回復、心の平和、安心感などが得られる間取りとインテリアがあります。整理を行うにはそういうところを心がければいいのです。

 まず、ゴミ・モノが積んである場所を全部じっくりと見てみましょう。それは本当に必要なモノですか?それを使ったのはいつですか?汚れが酷くなってませんか?片方しかないのでは?時代遅れでは?予備が沢山ありすぎるのでは?狭い部屋をますます狭くしていませんか?

 自分の持ち物を正当に評価すれば、家の中で本当に欲しいモノ、必要なモノを決めることができます。そしてほんの少しの努力と、想像力を注ぐだけで、余計な荷物から解放されます。


 空間は金なり
 「時は金なり」ということわざは聞いたことがあると思います。私たちが使うどのスペースにも、家賃や住宅ローンや税金や管理費、家具という形で空間にお金がかかっています。

 消費社会では便利なモノを買ってしまったからにはモノは積もっていき、私たちを取り囲みます。モノを所有したというよりモノに所有されようとしています。

 余計なモノは省き、とっておくモノを決める。風通しのよい自由な空間を作っていく、合理的なシンプルな作業がゴミの整理法の基本です。

 ゴミを捨てるとき、大きな判断と後悔の念が頭をよぎるかもしれません。でも一年以上経つと何を処分したかも思い出せないくらいになっているはずです。


 小さな場所から始める
 部屋全体、家具全部などと思わないでください。身の回りから始めること。次に整理にどれくらい時間をかけるかを決めます。15分か2日か長さはいくらでもいいでしょう。実際にやる余裕があるか、自分のやれる時間を使えばよいでしょう。ひと仕事が済んだなら散歩や読書、自分の好きなことをしましょう。自分にご褒美を与えるつもりで。

 整理のプロセスの味をしめることが、小さな場所から始める意義です。そのプロセスが楽しめるようになれば大きな作業に移り、終わったときには大きなご褒美を自分に与えましょう。

 
ゴミを出さない暮らしのコツ―キラクで身近なエコロジー入門:赤星 たみこ
 
「捨て方」上手ですっきり暮らす―ムダなものを減らすと「大事なもの」が見えてくる
 
このページのまとめ
本当に必要なものをじっくり見直す。
時が経つと何を処分したのかも思い出せなくなる。
整理のプロセスを楽しめるようにしていく。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー