掃除・洗濯・ゴミ 楽に掃除をする方法 上手に洗濯する方法 ゴミ出し方法 生ゴミ処理方法
掃除の方法 洗濯の仕方 ゴミの整理の仕方 不要物の有効活用
上手に洗濯する方法
洗濯
 お風呂の残り湯を使う
 残り湯で洗濯はシンプルライフの常識。残り湯は翌日でも30℃以上あるので、汚れは良く落ちますし、カルキが抜けていますので色あせが防げます。もちろん節水になり使わない手はありません。洗濯以外でも植木の水やりや、水洗トイレで使ってみたり、ただ捨てるのはもったいないのです。
  

 ネットに入れて絡みにくくする
 洗いやすすぎ、脱水の時に、洗濯槽の中で、袖や裾が他の衣類と絡むとシワができたり伸びたりします。きちんとたたんでネットに入れて洗えば、衣類が絡まないので、安心です。


 脱水時間を短めに
 脱水時間を少し短めにすると、シワが少なくなります。また、水分が残っていると干したときにその重みで衣類が下に引っ張られるのでシワが伸びやすくなります。
  

 衿、そで汚れは洗剤を塗る
 衿袖汚れは、汚れに直接塗るタイプの専用の洗剤を使えば、力もいらないし、手も汚れません。帽子の内側汚れもこの方法でよいでしょう。
  

 アームが伸びるハンガーで干す
 トレーナーハンガーなどと呼ばれているアームが伸びるハンガー。長袖の服でシワができにくくなり、襟元の伸びるのも防ぎます。
  

 裏返して干す
 直接日光に当てると色が褪せたり、変色することがあります。Tシャツや白い衣類でも裏返して干した方がよい。ジーンズやコットンのパンツも同様で裏返して干す。ジーンズやパンツなど逆さに干すと形良く仕上がる。

 
気持ちいいほどきれいになる簡単「洗たく」術―洗う、干す、アイロンがけ、保管法…知って差がつくプロのコツ
 
洗濯上手こつのコツ
 
このページのまとめ
残り湯で洗濯するのはシンプルライフの常識。
ネットでの使い分けを駆使する。
イチバン親切な掃除と洗濯の教科書

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー