公団住宅募集入居ガイド

公団住宅に入居するには
入居申込みは中・長期計画が良い □信頼度NO1の公共住宅 □都心でも緑豊かな好環境が魅力 オススメ TOP
健康的で採光豊かな室内空間 □安さが魅力。権利金・礼金・更新料なし。 □単身者からファミリーまで □都民住宅・特優賃
募集はなんと年間2万戸も行われている
 都市機構・住宅供給公社・都民住宅・特優賃・高優賃等、首都圏で行われている空家・新規等の先着順募集や抽選募集は、年間2万戸も行われています。しかし、種類も多く、人気が分散する公共住宅市場において、国や地方自治体、特殊法人等が独自で運営する各公共団体の情報はなかなか分かり難いのが現状です。

 例えば、「何処にどういう公共住宅があるのか?」「何時、何処でどの物件の募集が行なわれるのか?」「入居の確率は?」など、なかなか分からないのが現状です。公共住宅入居のコツは、やはり、抽選募集なら「諦めず長期間に渡って、こまめに数多く応募手続きを重ねていく事」。先着順募集なら「効率よく空き家情報を入手する事」です。


希望は広い範囲で効率よく
 入居率や当選率を良くするために、希望地区を出来るだけ広くするか、沢山希望物件を選んでいただく事をお勧めします。結果的に応募対象が狭まったのでは、確率はよくありません。

 例えば、良くあるのが不動産感覚で物件を絞ってしまうケース。その住宅が大型物件である場合は、年間を通してある程度の空家戸数が募集されますが、小型の物件の場合は、年間を通して1戸も空家が出なかったという事もあるのです。これでは、応募以前の問題になってしまいます。

 やはり、入居率や当選率を考えるならば、希望はできるだけ沢山出していくのが良い選択です。
□膨大な情報をもとに早期入居が可能!!
公共住宅入居お手伝いの第一人者→希望物件に入居できる!!
 20年の実績を持つ公共賃貸住宅情報センターのシステムを利用して、公共住宅に入居できた方は、今までに膨大な数に上ります。公共賃貸住宅情報センターのサービスでは、公共住宅早期入居に便利な先着順メール配信や抽選申込代行サービスなどを長期間に渡って受けられます。

何度でもキャンセル可能→希望は幅広く出しておこう!!
 過去のデータから、最も確率のいい地区を予測して申込む事が可能です。入居が決まったときに、物件を見に行って、万が一、気に入らなければ辞退する事も公共住宅の申込みでは多い。公共賃貸住宅情報センターでは何回入居が決まって、何回辞退しても構わないシステム。沢山希望物件を出すのがベストな選択です。
HPについての注意事項
・書かれている内容に関しては万全を期していますが、中には古い情報なども含まれます。ご利用の際は個々の責任でお願いします。
Since 2001.04.01 LastUpdate 2014.02.16
シンプルライフハック
ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー