公団住宅募集入居ガイド

単身者からファミリーまで
入居申込みは中・長期計画が良い □信頼度NO1の公共住宅 □都心でも緑豊かな好環境が魅力 オススメ TOP
健康的で採光豊かな室内空間 □安さが魅力。権利金・礼金・更新料なし。 □単身者からファミリーまで □都民住宅・特優賃
単身者からファミリーまで
 低額家賃のおトクなタイプから高級高額物件まで、あらゆるニーズや世代に対応しているのが公団公社の住宅です。

 室内プランは、単身者に人気の1DKや2DKから、ファミリー向けの3DK〜4LDKまで、室内プランは豊富です。

 特に、民間賃貸住宅市場では、絶対的に不足しているといわれるファミリータイプや高齢化対応等のバリアフリーの住宅供給では、公共機関だからこそ出来る役割を果たしています。


ワンランク上の広さが魅力
 公共賃貸住宅の魅力の一つは室内の広さです。1DKの場合、従来からの既存住宅でも、ほとんどの住宅が30u以上あります。10uが畳で約6畳とすると、1DKの床面積は畳で約18畳分の広さがあります。

 単身用といえば、民間では1Kや1DK等で、16〜25m位の広さが常識ですが、広さを重視する公共の住宅では、1DKでも2人で住める広さがあります。

 多機能型タイプの住宅では、1Kや1DKでも30〜45u。1LDKは45〜60u台もある物件がほとんどです。  
 ファミリータイプでも、2DKや3DKはワンランク上の広さが魅力です。

 家賃の安い既存住宅の場合、2DKは40〜50mですが、多機能型タイプでは、2DKが2LDKに、3DKが3LDKと言ってよい程の広さがあります。謙虚な表現が公共住宅の信頼に値するところでもあります。
□細かく、さり気ない配慮がなされている住宅です!!
年をとってからも大丈夫→全ての住宅にバリアフリー設計を導入
 バリアフリー設計:公団では、全ての住宅にバリアフリー設計を導入しています。バリアフリー住宅は、お年寄りのための特別設計というよりも、誰もが体に故障が起きた時に気付く、細かく、さり気ない配慮がなされている住宅です。

 床段差の解消(フラットフロアー):お年寄りや子供のつまづき防止を考え、水まわりの床を廊下と同じ高さにしているほか、各室の敷居や玄関の段差も出来るだけ小さくし、床段差を解消しました。

 手すり等の設置:あらかじめ壁の下地を補強して、玄関の上がり框や廊下、洗面脱衣室やトイレなどに、必要になったらいつでも手すりが取り付けられるように壁の下地を補強しています。
シンプルライフハック
ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー