公団住宅募集入居ガイド

公団住宅の入居申込みは中・長期計画が良い
入居申込みは中・長期計画が良い □信頼度NO1の公共住宅 □都心でも緑豊かな好環境が魅力 オススメ TOP
健康的で採光豊かな室内空間 □安さが魅力。権利金・礼金・更新料なし。 □単身者からファミリーまで □都民住宅・特優賃
タイミングが良くても、最低2ヶ月以上の時間が必要
 先着順募集では、入居予約が出来てから、資格審査・ご入居まで、約1ヶ月かかります。しかし、ご希望通りの住宅がすぐ空いて、タイミングよく入居予約が出来るとも限りませんし、殆どの物件は人気が高く、競争率は結構高いのです。人気物件なら、空きは多数出ても、よくて1日。早いと数分・数秒で埋まってしまうケースもあるのです。

 急ぎだからと言って、初回のメール情報で入居を決めてしまう方も数多くいらっしゃいますが、タイミングが良くても、最低2ヶ月以上の時間が必要です。反面、より良い住宅を探すために、空き家情報を細かく吟味して、じっくり選んでいる方も多いのです。

 個人的には、半年前からじっくり探し始める事をお勧めします。6ヶ月という長期間でのお部屋探しを設定している事も、余裕を持ってより良い住宅をお探しできるための時間と考えましょう。


余裕を持ってより良い住宅を。より早めのアクションが大切。
 抽選募集の場合、募集されてから抽選結果が出るまでが1〜2ヶ月程度。当選して当選順位により、入居できるまでが1〜6ヶ月位かかります。

 これは、公共住宅の場合、空家になってから募集するのではなく、空き予定や想定空家戸数を事前に募集してくるケースも多いからです。また、空き家発生後は、もちろん内装工事も行うための期間もあります。

 従って、運良く1回で当選しても入居できるまで最短3〜4ヶ月はかかる事になるわけです。抽選募集では、より早めのアクションが大切です。
□先着順入居のコツは、締めないこと!!
全国初の先着順対応サービス
 →
先着順物件には、家賃が割安な人気物件が多い!!
 近年、公共住宅募集では、抽選の空家募集や新規募集の他に、空家があった場合、先着順で入居できる無抽選・先着順の空家募集が大半を占めるようになりました。

 先着順募集は、公共住宅の約80%以上が対象物件になっており、お急ぎの方が、取り合えず空家になっている高額物件にご入居されているケースも多くあります。しかし、先着順物件には、家賃が割安な人気物件も多数あり、逆に簡単にお入りになれる住宅の方が圧倒的に少ないのが現状です。

 いつ空家がでてくるのかわからない先着順募集では、ご自身が希望される住宅の空家情報を長期間に渡り調べなければならず、殆どの方が締めてしまうか、面倒になってしまうのが実情です。

 先着順募集は、まさしく、消費者泣かせの難解なシステムなのです。公共賃貸住宅情報センターが行う先着順速報メール配信サービスは、空家が出ても、せっかくの入居チャンスを逃がしてしまう皆様のニーズに応える全国初の先着順募集対応サービスです。

 公共賃貸住宅情報センターでは、お客様に代わり、ご希望の住宅やエリアの空家情報を6ヶ月間に渡り調査代行。空家情報を携帯メールなどで速報してくれます。代行調査は公共賃貸住宅情報センターと依頼する複数の調査会社が行います。先着順入居のコツは、まず締めないこと。短期間ではなく、長期間に渡ってじっくり探し続ける事が入居のコツと言えるでしょう。


高い確率なら、先着順入居がお勧め
 →
先着順募集の方が、募集戸数が圧倒的に多い!!
 より、高い確率なら、やはり、先着順入居がお勧めです。抽選募集は公平が原則のため、他力本願的な部分が多いのに比べて、先着順募集では、空家情報さえ、効率よく入手できれば、かなり有利。

 近年では、先着順募集の方が、募集戸数が圧倒的に多いということもありますが、公共賃貸住宅情報センターを利用して、入居したお客様の9割以上が、先着順募集での入居になっています。

 もちろん、抽選募集も併用して応募されているお客様も多く、より、間口を広げて対応していけば、より、可能性は上昇する事は言うまでもありません。
シンプルライフハック
ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー