雑貨・小物・日用品・趣味 物を買わない生活 コレクションの整理方法
贈答品のマナー バッグのお手入れ方法 タオルの選び方 傘の選び方・手入れ方法
メモは頭の整理のために絶対必要 クリアファイルの上手な使い方
 
ホッチキスの活用法 ポストイット活用法 贈答品・頂き物の扱い方
バッグのお手入れ方法
バッグ・カバン・包装類
 バッグの手入れ方法
 以下にバッグの手入れ方法を記していきます。バッグにはいろいろな材質が使われており、もっとも多いのは革製でしょう。革製でも表革と裏革とではその性質が違うので、手入れも異なってきます。
 
 表革製は、使った後、柔らかい布でよく拭き、ホコリなどを取り除いておきます。持ち手や留め具部分に汚れが目立ってきたら、革靴用クリーナーを柔らかい布に揉み込んだものでふき、汚れを落とします。クリーナーを残さないようにあとを十分にふきとって、革靴用クリームを少量のばして、丁寧に磨き込んでいきます。

 裏革製は、クリーナーなどはいっさい使えません。使ったあとは、ブラシをかけてホコリを払い、毛並みを揃えておきます。手垢などの汚れで毛足が寝てしまった場合には、専用の消しゴムか金属ブラシで毛足を起こすようにして毛並みに沿って使います。すっかり毛が寝てしまい、てかてかに光っている場合には、目の細かいサンドペーパーで小さな円を描くようにかけます。

 合成皮革製、ポリウレタン加工製のものなどは、洗剤液で絞ったタオルで汚れた部分をふきます。そのあと、もう一度きれいな水で絞ったタオルで洗剤部分が残らないように清ぶきします。

 布製で、裏側がついていないものならば、丸洗いできますから、中性洗剤液の中でブラシ洗いします。裏がはってあるものの手入れは、洗剤液で絞ったタオルでふく程度にしておきます。

 
ブランド品・大事なもの手入れ法―靴・バッグ・ジュエリー・衣類
 
カテキン革専用クリーナー
 
このページのまとめ
手入れを自ら進んでしたくなるような愛着を持てるバッグを選ぶ。
コロニルデリケートクリーム
革製品のスキンケアセット(クレンジング&ローション)

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー