健康・ダイエット 生活習慣チェック 正しいダイエット方法
スポーツ・アウトドア 
健康スポーツ生活 アウトドア遊び入門
育児・子育て 
育児の節約術 学習机の選び方
健康情報の集め方 ダイエットを考える スポーツとダイエット アウトドアを満喫する 子供に与えて良いモノ、悪いモノ
育児の節約術
育児
 妊娠・出産時の一部費用負担
 妊娠・出産は病気で病院にかかる場合と違って健康保険が使えないため、全額自己負担になります。しかし、まとまった支出となる出産費用の一部をまかなってくれるのが、「出産育児一時金」です。

 健康保険に加入していて保険料をきちんと払っている人なら、子供1人につき35万円が受け取れます。

 双子なら2倍の70万円になります。専業主婦やパートでパパの扶養に入っている人は、ダンナの健康保険から出るのでご心配なく。

 勤務先の健康保険によって、あるいは国民健康保険でも住んでいる自治体によっては、「付加給付」がついて35万円+αが給付される場合もあります。ちなみに、妊娠85日以上で死産や流産をした場合でも、この「出産育児一時金」の支給対象になります。

 
新米お父さんの子育ての本―妊娠から出産までの注意点と育児の楽しさがよくわかる:宮本 まき子
 
働く女性が子どもを産むとき読む本-妊娠~休職~出産~復職まで、スケジュールと手続きが全部わかる!:北條 麻木


 ベビー用品はレンタルで
 一定期間しか使わないものの代表といってもいいベビーベッドやベビーバスといったベビー用品。3、4人産むなら元は取れるかもしれないが、使う期間はせいぜい6ヶ月位なので、アットいう間に押入れを占領することになる。

 
ちなみにダスキンのベビー用品3点セット(セットベビースケール、ベビーバス、ベビーベッド)のレンタル代金(2007.7現在)は3ヶ月\11.700、半年\23.400、追加1ヶ月\3900と非常にリーズナブルだ。ベビーカーやハイ&ロースィングラックも貸してくれる。赤ちゃんの必需品といえる品々はすべて揃っていて、レンタルするのと買うのではどっちが得かは一目瞭然。レンタルのシステムはカタログやホームページから選んで注文し、配達してくれる。

 ベビー用品の必需品以外にも、すべり台やブランコなどの遊具、チャイルドシート、ベビー向け安全用品、お宮参りセットなど幅広い品揃えがレンタルできる。必要なものを必要な期間だけ借りて、お金もスペースもスマートに暮らしましょう。
 
このページのまとめ
出産育児一時金は手続きが必要ですので申請をお忘れなく。
ベビー用品はレンタルがオススメ。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー