幼児英語教育ガイド

子ども英会話教室を上手に使う
幼児英語教育の必要性 □英語に興味をどうやってもたせるか □親子で楽しく英語を学ぼう オススメ TOP シンプルライフハック
バイリンガルになるには □楽しく自然に英語を身につけるディズニー英語 □英語は耳で習うもの □子ども英会話教室を上手に使う
子どもを英語好きにする
 子どもにすぐにでも英語がペラペラと話せるようになって欲しいと考えるのはお母さんの気持ちとして分かりますが、子どもが英語を好きになることが、まずは「はじめの一歩」と考えましょう。子どもは「お勉強」が大嫌いです。だとすると、「お遊び」の中で英語を教えて、英語に親しんで、英語を好きになることがまず最初の目標ということになります。

 Kids向けの英会話教室はまさに子どもを英語好きにするためのツールとしては最適です。英会話教室でできる友達との出会いも英語好きを加速させます。「お勉強」のための英語ではなく「お遊び・コミュニケーション」のための英語が始まりと知っておきましょう。


授業後のフォロー・親同士の交流も貴重
 英会話教室の授業から帰ってきたらお母さんの出番です。子どもの英語は「お遊び」です。子ども達は英語の授業が終われば「ああ楽しかった」ですっかり忘れてしまいます。それをもう一度家で確認することが必要です。家でも「お勉強」としてではなく、英語の「お遊び」として話しかけてみましょう。

 子どもに英語を学ばせたいと思う親との交流ができるのも英会話教室のいいところ。もちろん色々な人がいますし、面倒だと考える方もいると思いますが、志が同じというのは何とも頼もしいものです。情報交換は子どもの将来にとっても重要なこと。積極的に交流を持ちましょう。必ずプラスになります。
□アメリカ現地の英語習得プログラム!!
アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている
英語が話せない子どものための英語習得プログラム
 「フォネミック・アウェアネス」という英語初心者むけの新しい理論で、話せない・読めない・書けない子どもたちに英語を習得させる画期的なプログラムです。

 このプログラムの基本は、英語耳を作ること。子ども達は、英語のリズム、英語の音をくり返し、くり返し口にし、耳で聞き、目で見て英語に馴染ませていきます。「ことばあそび」ができるライミングカード付きで、楽しみながら英語力を伸ばせます。
□子ども英語教室で教える指導法を知ろう!!
子供英語指導ハンドブック子ども英語教師へのアドバイス本
 子ども英語を教える先生へのアドバイスや指導法が詳細に説明されています。そのまま使える英語の指示表現、すぐに実践できるゲーム例が多数掲載されています。付属CDで実際の教室での授業が聞け、発音練習も収録されています。

 「理論」と「実践」を詳解した児童英語指導書です。小学6年生までこの1冊がバイブルとなります。英会話教室ではどういう目的で、どのような指導が行われているのか、親としても知っておくべき内容となっています。教師向けなので少々難し目ですが、素晴らしい1冊です。
ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー