幼児英語教育ガイド

バイリンガルになるには
幼児英語教育の必要性 □英語に興味をどうやってもたせるか □親子で楽しく英語を学ぼう オススメ TOP シンプルライフハック
バイリンガルになるには □楽しく自然に英語を身につけるディズニー英語 □英語は耳で習うもの □子ども英会話教室を上手に使う
本来、誰でもバイリンガルになれる
 日本では学校教育で、しっかりとした母語としての日本語と、ある程度のレベルの英語力を身につけることができます。全く苦労せずにバイリンガルになるのは難しいですが、努力すれば誰でもレベルの差はあるとはいえバイリンガルになれるのです。

 実用的バイリンガルになるには2-3年。実質的バイリンガルになるには10年の海外生活が必要と言われています。話すだけならもっと短時間になれるでしょう。大人になっても積極的にチャレンジすることが大事です。


発音は5歳頃に固まる・幼児期教育でのネイティブ発音は一生残る
 言語を習得していくとき、年齢で決まることがあります。発音は5歳頃に、文法力は10-11歳頃にほとんど固まってしまいます。単語力は一生伸び続けます。このことから、幼児の時に英語を聞くことがいかに大切かが分かると思います。

 言語の習得は音楽の絶対音感の習得と一緒です。なぜなら言語=音なのですから。ちなみに、0-6歳までが絶対音感の習得の最適期と言われています。同じように言語習得の最適期であるといえます。

 幼児は幅広い周波数領域の音を聞き分ける能力を持っています。本来、幅広く聞き分ける能力を持っているのに、やがて使わない能力は消えていきます。つまり、日本語だけしか聞かないで育つと、周波数領域が違う英語の学習が困難になってきます。年齢と共に英語教育は難しくなっていくのです。

 いかに幼児期の語学教育が重要であるかが分かると思います。バイリンガルになるには、幼児期に英語耳を育て、自然発生的に英語を話せるようにすること。これがバイリンガルになる一番の近道なのです。
□バイリンガルになるには自然と英語に触れ合う機会を多く作りましょう!!
0さい〜4さいこどもずかん 英語つき
日本語と同時に英単語も暗記できる
 動物から、食べもの、乗りもの、数字までテーマ別に、楽しい絵が収録されていて、日本語で名前を覚えると同時に、英語の呼び方も学べます。図鑑という名の通り、子どもの知りたいという好奇心にしっかりと応えてくれる大変有能な本です。

 「こどもずかん 英語つき」の特徴は、英語の発音をカタカナ表記してくれていること。英語が苦手なママでも簡単に読むことができ、一緒に学ぶことができます。指をさしながら一つ一つ言葉を覚えていく様子は見ていてウットリするほどです。
井原さんちの英語で子育て
お母さん自身の英会話も上達する
 毎日やさしく子どもに語りかける英語表現が、イラスト(マンガ)豊富な見やすい誌面とCDの音声で簡単に身につけられるようになっています。お母さんの言葉で何度も何度も読み聞かせることによって、子どもが英語に親しめるように構成されています。

 英語に自信のないお母さんでも、子どもと一緒に英会話が勉強できます。この本の一番の特徴はお母さん向けのしっかりとしたマニュアルが用意されていること。家庭ですべき事が分かりやすく丁寧な説明で紹介されています。
ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー