健康・ダイエット 生活習慣チェック 正しいダイエット方法
スポーツ・アウトドア 
健康スポーツ生活 アウトドア遊び入門
育児・子育て 
育児の節約術 学習机の選び方
健康情報の集め方 ダイエットを考える スポーツとダイエット アウトドアを満喫する 子供に与えて良いモノ、悪いモノ
ダイエットの基本
ダイエットを考える
 ダイエットの基本は食事制限
 ダイエットの基本はあくまで食事制限にあります。自分がどの程度カロリーをとっていたのか、目標とするカロリーをとるにはどのような食事をすればよいのか。それを知るためにはどうしてもカロリー計算が必要になります。

 日本糖尿病学会の出している食品表をもとにしながらカロリー計算していく方法が良いでしょう。

 糖尿病食事療法のための食品交換表 日本糖尿病学会


 食事の材料からカロリーを計算するのは面倒だという人はカロリーブックを使うのをオススメします。これは本当に便利です。簡単に食べた食品のカロリー量を知ることができるので、自分の行動はコントロールしやすくなります。

 
簡単!食品カロリー早わかりBOOK―サッと見れば、1個、1尾、1束、1杯、1人分…がパパッとわかる:吉田 美香
 
家庭のおかずのカロリーガイドブック:香川 芳子


 ダイエットを効果的に行う運動
 ダイエットを効果的に安全に行うには、1日に300キロカロリー程度の運動が必要です。この運動を最も手軽な「歩く」ことによって達成しようとすると、だいたい1万歩が目安になります。ダイエット効果を期待するには7000歩は歩く必要があります。いったい自分がどの程度歩いているのか。1万歩にどの程度不足しているのかを知るには万歩計は是非とも欲しいアイテムです。
 
 最近では歩数や距離を計算するだけでなく、年齢や体重をインプットするだけで、消費カロリーを計算してくれるタイプのものもあります。カロリー消費の目安として十分活躍してくれます。

 
PIP HEALTH 歩数計 あとなんぽ 多機能タイプ
 
カクセー 健康チェッカー エブリディ体脂肪&歩数計
 
TANITA 3Dセンサー搭載歩数計 防犯ブザー付
 
TANITA 手首につける歩数計


 ダイエットの近況確認
 どれくらい脂肪量が減ったのか、比較するには体重計は欠かせません。漠然と「痩せたかな」と思うよりも1ヶ月で2kg減った!と数字で目の前に現れた方がダイエットへの励みになります。体重は階段状に減っていく傾向がありますので、グラフにでもつければ自分が今停滞期かどうかも知ることが出来ます。

 ちなみに、体重計は出来る限り精度の高いものを選ぶ事をオススメします。毎日確かな数値を測定することが、日々のコンディション確認につながります。

 
TANITA 体脂肪計付ヘルスメーター
 
OMRON 体重体組成計 カラダスキャン
 
このページのまとめ
カロリーブック、万歩計、体重計がダイエットの3本柱

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー