健康・ダイエット 生活習慣チェック 正しいダイエット方法
スポーツ・アウトドア 
健康スポーツ生活 アウトドア遊び入門
育児・子育て 
育児の節約術 学習机の選び方
健康情報の集め方 ダイエットを考える スポーツとダイエット アウトドアを満喫する 子供に与えて良いモノ、悪いモノ
医療費節約術
健康に関する情報の集め方
 健康診断
 病院にかかる前に、転ばぬ先の杖として健康診断は定期的に受けておいた方が安心です。会社勤めの人は年に一度の健診がありますが、専業主婦なら保健所の健康診断を受けることをおすすめします。

 健診内容や料金は自治体によって違いますが、大体1000-2000円程度で受けることができます。日程などは自治体の広報誌やHP上で告知されますのでマメに目を通しておきましょう。

 
健康診断・人間ドック「気になる」疑問:鷲崎 誠
 
ビジネスマンの「からだ・こころ」リスクマネジメント! (For You & Your Business):横山 博美、宮西 ナオ子


 医療費
 家計簿をつけている奥様にとって、頭も財布も痛いのが不意の出費。その最たるものが医療費だと思います。急にお腹が痛いとか、体がだるいとか、どうせかかるのなら最初から大きな総合病院が良いと思っていないでしょうか。

 でも、ちょっと待ってください。ベット数が200床以上もある病院での初診時(紹介状の持っていない初診の患者)には、治療費以外に 「初診外来患者特別医療費」 が取られる場合があります。

 「初診外来患者特別医療費」 とは 「特定療養費」 の中の一部で、「特定療養費」 とは 「最新の医療が受けたい」 「設備の整った病室に入りたい」 など、保険で認められていない高度先進医療や特別なサービスにかかる費用の事を言います。

 これは医療法により、医療施設はその規模や特質に応じて機能分担をする事が推進されている為、患者が初めて訪れる病院が総合病院だと、特別な医療を求めていると考えられ、「特定医療費」 の対照となるからなのです。

 ですから、「緊急の場合(救急車等)」 や 「生活保護法の医療扶助の対象となっている方」 以外の人は、初めから総合病院へ行くのではなく、まずは最寄の医院にて診てもらいましょう。総合病院の混雑の緩和にも繋がります。
  
 お金のことだけじゃなくて、病気に備えて大切なのはかかりつけのお医者さんをもつことが大事です。症状が軽いようなら、まずは近くのかかりつけの病院へ行き、精密検査や高度な治療が必要なら紹介状を書いてもらって、大病院や専門医にかかるのが賢い方法です。

 
「本当に満足できる病院」の新常識:きむら とも
 
あなたが主治医:大村 雄一
 
このページのまとめ
保健所の健康診断を定期的に受けておこう。
思わぬ出費の医療費。かかりつけの医師をもとう。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー