健康・ダイエット 生活習慣チェック 正しいダイエット方法
スポーツ・アウトドア 
健康スポーツ生活 アウトドア遊び入門
育児・子育て 
育児の節約術 学習机の選び方
健康情報の集め方 ダイエットを考える スポーツとダイエット アウトドアを満喫する 子供に与えて良いモノ、悪いモノ
健康スポーツ生活
スポーツ
 スポーツという言葉を聞くと、もうそれだけでつらいことと考えてしまう人がいます。ただ、普段の生活のなかでの自分にとって必要な運動(健康維持、ダイエットのため)は、スポーツ選手のような激しいものではなく、ちょっと汗ばむ程度、やや物足りないと感じる程度の緩やかなもので構いません。ただ、運動は脂肪が燃焼するある一定時間以上続ける必要があります。

 続けなければいけないのはイヤだ、面倒だという人もいるでしょう。その気持ちも分からないではありません。

 
 かたちから始める
 そこで、スポーツをはじめるきっかけとして、「かたち」から入るというのも1つの方法です。例えば、ウォーキングやジョギングを始めようと思ったら、まずスポーツショップに行き、できるだけ性能の良いシューズを購入し、自分が気に入ったデザインのトレーナーやトレーニングパンツを買い求めることです。一気にスポーツジムに入会してしまうのも良いでしょう。 

 少々出費はかさみますが、「せっかく買ったのだから使わなければ損、せっかくジムに入会したのだから行かなくてはもったいない」といった気持ちが、運動に尻込みしがちな気持ちを後押ししてくれます。

 
eSPORTS
 
フィットネスオンラインショップ
  
 
 興味が持てそうなことを始める
 もう一つ大切なことは、自分が興味が持てそうなことをはじめるということです。他人にあれがいい、これがいいと勧められたからというのではなく、テニス、バレーボール、卓球、スカッシュ、ハイキング・・・・どれでも自分が楽しく感じられるスポーツをやるべきです。部活動を何らかの理由で辞めた学生さんでも、1つの種目に拘ることは無いんです。

 何よりも重要なのは自分の生活のリズムの中にスポーツを取り込むこと。一生つきあえるスポーツを見つけることができたら本当に幸せな人生の彩りの1つになることは間違いありません。


 翌日に疲れを残さない
 スポーツを楽しく実践する最後の秘訣は、翌日に疲れを残さないこと。疲れが残っていると次の日の仕事にも差し支えるし、毎日続けられなくなります。無理な運動は避け、柔軟体操をしっかりしたり、お風呂に長く入り血行を促進してから疲れを取ること。体調の良い状態でスポーツを楽しみましょう。

 
コリと疲れと痛みがスーッと取れる本―ラクラクできて素早く効きます!
 
たまった「疲れ」が驚くほどとれる本―クタクタの体と心がスッキリ回復!!:ヘルスケア研究会
 
このページのまとめ
スポーツはまず始めることが大切。
スポーツをはじめるきっかけとして、「かたち」から入るという方法もある。
スポーツは自分が楽しければ続くし、生活の中に組み込まれる。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー