クレジットカードをしっかり活用して得しよう!!
 クレジットカードを活用することで私たちが得るメリットは沢山あります。
 自分に合ったカードを見つけて、しっかり使いこなせるように挑戦してみましょう!! 
特典と使いやすさが群を抜く(楽天カード) ソニー製品が安く買える(ソニーカード)  クレジットカード活用術をドド〜ンと紹介
都内地下鉄利用が多い方(東京メトロTomeカード) 守備範囲が広い万能タイプ - 東急沿線必須(TOP&カード)  TopPage
クレジットカード活用術
クレジットカード会社専門のオンラインショップを活用する

 楽天カードは「楽天市場」、ソニーカードは「ソニーポイントショッピング」、TOP&カードは、「TOP&ネットモール」。UCカードは「
永久不滅.com」などそれぞれクレジットカード会社自身がポイントが貯まりやすいように独自にショッピングモールをもっているところがあります。これらはかなりポイント取得を加速させるため、利用しない手はありません。

公共料金はカードで支払い

 
公共料金はクレジットカードでの支払いにしましょう。1年経つと結構ポイントがたまり、そのポイントで商品がもらえます。物を買わなくても、公共料金の支払いだけでカードのポイントがたまります。また、カードでの支払いなので、月々の料金比較もできます。

 
カード会社によっては割引があります。携帯電話の購入代や航空券のマイルに交換して差し引いてくれるサービスもあります。預金口座の管理にも便利です。支払いもポイントが貯まると思えば楽しみになります。


旅行保険はクレジットカードで

 
年会費無料で持っているだけで旅行保険が付帯されているカードがいくつかあります。
 海外旅行保険だけでも十分ですが、中には国内・海外旅行両方の保険が付帯されているものあります。
 よくよく自分のカードはどうなのか確認すると、海外旅行の際に空港などで旅行保険に入らずに済みます。


本当に使うカード以外は解約する
 
以前私は20枚以上のカードを持っていましたが、それを解約して今は3つにしています(楽天カード:JCB / ソニーカード:VISA / 東京メトロToMeカード:MasterCard)。
 3つあれば使用額が限度額を超えた場合でも対応できるし、ポイントを集中して貯めることが出来ます。事実そうやってポイントを貯め、海外旅行をしたり、好きな商品を購入したりしています。
 何枚もあると持ち運びにも困るし、落とした場合の心配もあります。カードはできるだけ少なめにしておくのがベストです。


カードの選び・継続の条件

 クレジットカード選びの条件はまず、年会費不要であること。2年目から年会費がいるクレジットカードなら、使用状況を見て継続かやめるかを忘れないようにしましょう。
 カレンダーやシステム手帳に1年後の1ヶ月前に解約する印を入れておくと良いでしょう。


電車の定期券はカードで購入

 
交通費を現金で支給され自分で購入している方なら、自分のカードで購入するとポイントが貯まりますので少しトクします。3ヶ月分、半年分の値段だと結構な額になります。券売機でも購入できるところもありますので活用しましょう。


海外ではキャッシングが大活躍

 クレジットカードは買い物だけに使い、キャッシングは絶対しないと思っていましたが、海外(エジプト)に行ったときに、初めて利用しました。とても気に入ったものを見つけたのですが、カードが使えない上に、「エジプトポンド」しか使えず、持ち合わせがなかったのであきらめて店を出ました。でも、カードのことを思い出してキャッシング。この時ほど、キャッシングのありがたさを感じたことはありません。両替の代わりにも使えるのです。


生活用カード+移動用カード+コンビニ&会食用カード

 
私はカードを3枚使い分けています。1枚は生活用(楽天カード)。家賃・電気・携帯・インターネット・電話・新聞等など毎月必ず落ちるものは全て専用カードにしてしまえば、引き落としも1回だし、明細もしっかりでき、ポイントも簡単に貯まります。引き落とし額も毎月ほぼ変わらないので使用額を気にする必要もありません。

 移動用は通勤・営業廻りの電車利用の際のカード(メトロToMeカード)。こちらは電車に乗るだけでコツコツ貯まるので大変有効です。Pasmoも使えるので、駅構内でジュースを買ったり、ちょっとした買い物も済ませられます。定期券購入もこのカードを使います。貯まる速度は遅いのですが、UCクレジット利用の際は永久不滅ポイントなので消滅することがありません。

 もう1枚はコンビニ&会食用(ソニーカード)です。こちらのカードはEdyが使えるので、もっぱらコンビニ仕様です。他には友人・知人との会食などで支払う際に利用しています。ソニーカードのフェイス(デザイン)がかなり格好いいので見せて自慢しています。


貯めたポイントでディズニーランドへ

 
「JCBカード」を利用することで獲得ポイントを「ディズニーランド&ディズニーシーのチケット」と交換出来ます。
カード払い出来るものは、全て支払ってポイント貯めて、ディズニーランドを楽しんでいます。さらに現地までの旅費もパーク内でのお買い物や食事もカード払いです。そしてまたディズニーランドへ・・・。

シンプルライフハック

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー