アパート経営ノウハウ
アパート経営の収入で将来の不安をなくそう
老後の資金確保に有効 □さまざまな節税効果 □家族に財産と安定収入を残せる SLHHome TOP
不動産投資と株との違い □メリット&デメリット □物件購入の流れ □情報収集のコツ □新築or中古物件 □土地勘がある場所を選ぶ
アパート経営は人生設計に大いに役立つ
 長期に渡って安定した収入を得やすく、節税効果があり、老後の収入源としても期待できる不動産投資。

 なかでもアパート経営は、ローンを完済した後、そのまま経営を続けてもよし、自分の住居にしてもよし、売却して現金収入を得てもよしと、「投資」出口の種類が豊富です。

安定した長期収入が魅力
 
不動産投資の中でも、アパート経営はメリットがあり、資産運用に伴う悩みを解消してくれます。

 資産管理に強く自己責任が認められている今、アパート経営には大きな可能性が眠っています。

少ない資金ではじめられる
 
物件購入の頭金があればアパートローンの利用でアパート経営が始められます。

 ローンの返済に家賃収入をあて、ローン返済が終了すればそれを利益にした資産形成が可能。

 必ずしも、はじめから土地や建物、大きな資金は必要ありません。

ローン完済後の大きなメリット
 
ローンを完済すると、土地が残るので、活用方法が選べます。

 @売却して現金収入を得る。
 まとまったキャッシュが必要であれば、残った土地とアパートの建物は自分のものなので売却が可能。現金収入を得ることができます。

 A再度、アパート構築する。

 再度、新築する場合、すでに土地があるので、建築にかかる費用のみの借り入れでアパート経営が可能です。

 手残り金額がそれまでの収支に比べ、アップすることが見込めます。

 Bそのままアパート経営を続ける。

 この場合、ローン返済がなくなるので、これまでのように家賃収入からローン返済額を差し引く必要がなくなるため、家賃収入のほとんどが収益として計算できます。

 C住宅用地として一戸建てを建築する。

 ローンを完済すれば土地の利用方法は自由。

 たとえば自分たちの「終の棲家」となる住宅を建ててもいいですし、お子さんの将来のためにマイホーム用地として土地を残してもよいでしょう。

HPについての注意事項
・書かれている内容に関しては万全を期していますが、最新の情報は確認頂けますようお願い致します。
Since 2001.04.01 LastUpdate 2014.02.16
シンプルライフハック
ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー