アパート経営ノウハウ
新築物件or中古物件
老後の資金確保に有効 □さまざまな節税効果 □家族に財産と安定収入を残せる SLHHome TOP
不動産投資と株との違い □メリット&デメリット □物件購入の流れ □情報収集のコツ □新築or中古物件 □土地勘がある場所を選ぶ
新築物件よりも中古物件のほうが、利回りが高く、リスクも大きい
 一般的に、新築物件よりも中古物件のほうが利回りが高く、その分リスクも大きい傾向にあります。

 設備が充実している新築物件は間取りも入居者のニーズに合ったものであることが多く、ある程度の期間は高い競争力が期待できるため、空室リスクが低いと言えます。

 ただし、物件価格が比較的高いため、利回りは小さくなってしまいます。

中古物件は間取りや設備の点で新築物件よりも入居者が確保しづらい傾向にありますが、入居者が見つかりさえすれば高い利回りが期待できます。

 また、老朽化に伴う修繕工事などにより想定外のコストがかかることがありますので、注意が必要です。

 リスクを低く抑えるか、大きなリターンを狙っていくか、自身の投資スタンスに合った物件を選びましょう。

 また、特に中古物件については、不動産会社と十分に相談の上、慎重に物件を選ぶようにしましょう。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー