身の回り・机の整理 机の整理法 書類資料整理法 名刺の整理法
手紙・ハガキの整理法 会議資料の整理法 ファックスの整理手順 整理術の基本
まとめて整理!・・はしない 簡単なモノから手をつけるというのは問題 もったいない病からの警告
古い資料の再生 利用しやすい資料の整理法 カバンは小さなマイオフィス いつもカバンの中に入れておくモノ
大事な書類はデジタル化したデータで資料管理する
古い資料の再生
 スキャナ利用・データ、PDF化
 
印刷された古い資料をそのままの状態で保存しておくと、いずれは目に見えないほどに色あせてしまいます。
すでに色があせ始めている古い資料については、スキャナで取り込んだ後、画像編集ソフトでコントラストなどを調整して読みやすい色に補正します。最後に、デジタル化した画像データを CD-R や DVD-R に書き込めば、何十年にもわたり安心して保存できます。また、プリンタで印刷し直おすのも良いでしょう。

 古い写真フィルムには傷やホコリ、経年変化による褪色、紫外線の影響による変色などがあります。必要に応じてスキャナに装備のホコリ除去機能や褪色復元機能を活用します。もし、スキャナの画像補正機能だけで十分に復元できない場合は、パソコンのレタッチソフトを使ってさらに補正をかけます。

 紙資料をスキャニングしてPDFへと変換させるのも便利です。かなり古い資料などは黄ばんでいたり、痛んでいたりして一度開くと元に戻すのが大変といったことがあります。あまり面倒なので使用しなくなることも考えられます。紙で保存された資料をPDF化して閲覧しやすくしましょう。デジタルデータですので、資料に貼り付けをすることも可能になります。

 
パソコン+スキャナの賢い使い方『職場の書類』はこうして作る:デジカル研究所
 
PDF活用バイブル―基本から実戦ワザまで、これ一冊でOK!:日経PC21
 
このページのまとめ
スキャナで取り込んだ後、画像編集ソフトでコントラストなどを調整
データとして保存しておくことが大事
Acrobat Professional 9 日本語版 WIN 通常版

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー