メンタル・基本
無意味な「こだわり」を解放する 注意力が自分の環境を変えていく 重要度頭脳が生産的な時間を生む
仕事能力の高めかた(仕事の生産性を上げるには) 一日の「始め」と「終わり」の確認事項
テクニック・応用
押し寄せる横槍を食い止める 自分だけの時間・聖域を確保する方法 先延ばし癖を直す戦術
重要と緊急を区別する 予定外を予定に入れる 優先順位決定の公式(やるべき仕事がわからないとき)
「集中時間」を必ず作る 相手が勝手に動いてくれる方法
重要な仕事と緊急の仕事を区別する
重要と緊急を区別する
 仕事のランキング付けを行うために、仕事をいくつかの角度でみてみるとする。
仕事は大きく分類分けすると「重要度」「緊急度」「必要時間」の3要素で分類される。


 重要度
 「重要度」は自分の仕事の中でメインかサブメイン的な仕事かで判断する。どうしても自分がやらなくてはならないものはメインだし、人に頼めるものはサブメインである。プロジェクトを進行している場合は、自分の分が滞れば他の社員に迷惑がかかるので、自分一人でこなせるより優先することになるだろう。


 緊急度
 「緊急度」はできるだけ早く手をつけて速やかに仕上げるべき仕事か、時間的に余裕のある仕事かということ。仕事の緊急性を「いつまでに」という時間軸ではっきりととらえるための要素である。


 必要時間
 さらに重要なのは「必要時間」。その仕事を始めてから終わるまでにかかる時間。5分で終わる仕事か、2時間かかるのか、あるいは1ヶ月かかるのか。その仕事を始める前につかんでおくことが大切だ。自分の力を過信せずに余裕を持って時間を充てることを基本としよう。

 
できる社員は要領がいい (仕事の原則すっきりわかるシリーズ):鶴野 充茂
 
できる人は5分間で仕事が終わる:マーク フォースター
 
このページのまとめ
重要度、緊急度、必要時間の3要素から組み立てを考え、実行する。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー